既卒 厳しい就職活動

既卒の就活は厳しい


既卒 厳しい就職活動

既卒の就活は厳しい

既卒としての就職活動、厳しさを実感されている方も多いと思います。

その大きな理由として、

「既卒者は他の転職希望者とともに中途採用枠を巡って競う事になるから」

という事は大きいでしょう。

既卒者が求人サイトで調べて応募する事になる求人は、基本的には業務経験者、未経験とはいっても社会人経験者ですから、選考では比較をされてしまいます。

そうなると、即戦力を採用したい企業が多いため職歴なし・社会人未経験の既卒者は不利になることが多くなってしまう、という事になります。

しかし、既卒であっても就職に成功する方も多くいます。

既卒が厳しい就職活動を乗り越えて、就活に成功するポイントについてみていきましょう。

不採用が続いていて・・・という既卒の方は、

⇒ 既卒者向け就職エージェント

も活用してみる事をオススメいたします。

既卒の就職活動を成功させるポイント

不利になることも多い既卒者の就職活動ですが、成功、内定獲得につなげるためのポイントがいくつかあります。

こうしたポイントを意識する事で、就職活動がスムーズに動き出すことも多いですよ。

既卒歓迎、未経験OKの正社員求人を選ぶ

求人サイトには非常に多くの正社員求人が掲載されています。

しかし、その中で職歴なし・未経験者を積極的に採用を考えている企業は少ないと言えます。

多くの企業は、中途採用は出来れば即戦力を採用したいと考えています。
欠員補充も多いですからね。

新規事業を立ち上げるために経験者を採用したい、という場合も多いでしょう。

そうした中で既卒者が就職活動を行うには、既卒歓迎、未経験OKの正社員求人を中心に応募をしていく事が重要です。

既卒OKの場合には、フリーター歓迎、未経験者歓迎といった求人も含めお探しになってみると良いでしょう。

志望動機をしっかり用意する

志望動機が弱いと、せっかく入社したいと思った企業を見つけても書類選考で落ちてしまう事にもなりかねません。

面接にずっと進めないのも、辛いものです。

志望動機は1社1社、しっかりと作る事が大切です。
自己分析も必要ですし、企業研究も必要です。

そうした情報の上で、志望動機を作る事でアピール出来る内容の志望動機となります。

そこまで立派な志望動機でなくても大丈夫です。
立派すぎると、かえって違和感を覚える面接官も少なくないでしょう。

面接での他の受け答えと志望動機にブレが無く、熱意が伝わるような内容でまとめる事が重要と言えます。

行動する

既卒が就職活動を行う場合、人によっては書類選考で落ちる事が続いたり、どうしても面接が突破出来ずに就職活動が長期に渡る事もあるでしょう。

それであっても諦めずに就職活動を続ける事が、正社員就職には大切です。

例えば不採用だったとしても、企業が求める人材と違っただけ、縁が無かっただけと気持ちを切り替えて就活を続けていきましょう。

もちろん、不採用になった原因を自分なりに考えて、改善していくことも大切です。

同じ就活の進め方では、ずっと不採用が続く・・・といった可能性もありますからね。

自分では気づかない、致命的なミスもあるかもしれません。

不採用が続く方は、出来れば第三者に履歴書や職務経歴書、面接での受け答えなどをチェックしてもらうと良いでしょう。

就職エージェントを利用する

既卒の就職活動では、迷ったりする事も多いと思います。

求人が上手く見つけられなかったり、自分がやりたい仕事がそもそも分からない・・・という方もいるかもしれません。

就職相談が出来る相手、あなたに合っている仕事や会社を紹介してくれる就職エージェントは、そうした場合にはとても便利な存在です。

これまでにも多くの既卒を含む求職者の就職支援を行ってきたアドバイザーに相談をしながら、就職活動を進める事が出来ます。

企業へも直接取材に訪れて、職場の実際の雰囲気や働き振りなどもチェック、ブラック企業を除外して紹介してくれるのも安心感につながるのではないでしょうか。

既卒者の就職活動では、就職エージェントを活用する事も有利に就活を進めるポイントといえます。

⇒ 既卒者向け就職エージェント

面接対策はしっかり準備を

既卒者は新卒と比べて、深く突っ込んだ質問をされる事も増えます。

いくつか、既卒者であれば確実に面接で聞かれるであろう質問もあります。
そうした質問に対して、しっかりと答えを用意しておくことが面接突破、内定を獲得するためには必要ですよね。

ちょっと答えにくいな・・・と思う質問ほど、しっかり準備をしておく事が必要です。

言葉遣いも大切なポイントになりますので、面接対策に自信が無い既卒の方は、

⇒ 既卒者向け就職エージェント

を利用して、面接対策を始めとして就活のアドバイスをもらう事も検討してみてください。

既卒となった理由についての質問

既卒となった理由について、確実に質問されます。

・新卒での就職活動が失敗した理由
・就職活動をしなかった理由

いずれかを答える事になるでしょうから、しっかりと答えを用意しておきたいですね。

答え方によっては、さらに質問が重なる事もありますのでシミュレーションを行って、志望動機へうまくつながるような答え方も準備したいですね。

ネガティブな質問が飛んできても、答えられるようにする事が重要です。

答えに詰まって黙ってしまうのは避けましょう。