既卒でもインターンシップに参加はできる
就職エージェント 既卒おすすめランキング > 既卒 就職活動 > 既卒もインターンシップに参加すべき?

既卒もインターンシップに参加すべき?


既卒の就活 インターンシップ

既卒もインターンシップに参加すべき?

その前に既卒もインターンシップに参加出来るかという事ですが、最近は既卒者もインターン募集の対象としているところも増えてきていますので、参加しやすくなってきています。

基本的には新卒が対象ですが、既卒OKの企業も増えつつあります。

広く人材を採用したい企業、優秀な人材を確保したいベンチャー企業、スタートアップ企業などは既卒者も対象としてインターンシップを行っているところが増えていますね。

就職活動の方法として、インターンシップもありですが、正社員就職を目指すのであれば既卒の方は就職活動を頑張って方が内定獲得のチャンスは多いといえます。
⇒ 既卒者向け就職エージェント おすすめランキング

既卒者の就職は、インターンよりも就職活動がオススメ

インターンシップに参加したからといって必ず正社員として就職できる保証が無い、ということはお分かりと思います。

インターンシップの期間ですが、

短期インターンシップの場合には1ヶ月以内が多いです。

長期インターンシップの場合には、3ヶ月以上といった企業が多くなります。

少なくない時間を使い、働くことになります。

インターン中に働き振りが認められて正社員登用されるケースもありますが、アルバイト代わりに募集している企業も中にはありますので、正社員を希望してインターンシップに参加する場合には企業選びには注意が必要です。

もちろん働き振りが物足りなく、正社員採用が見送られることも考えられます。

あまり過度に期待するのは避けた方が良いでしょう。

長期インターンシップの方が採用されやすいのでは、と考えている既卒の方もいるかもしれませんが、拘束期間が長いほど正社員登用に繋がらなかった場合、

「空白期間が長く」

なってしまいます。

既卒から正社員就職を目指す場合、空白期間の長さが一つのポイントになります。

また、インターンシップに参加していた場合、

「なぜ正社員になれなかったのか」

と質問される事もあるでしょう。
非常に答えにくい質問です。

ただ、最初から実際の業務を経験したかった、職種研究のために参加したかった、などポジティブな理由に変えて、そこからアピールにつなげていく事も可能ですね。

面接官が納得できる受け答えになるように、しっかりと面接対策をする事が重要となります。

インターンシップから正社員になれる可能性もありますが、あまり期待せず既卒者の方はより多くの企業を受けるために就職活動に力を入れた方が、内定獲得のチャンスは増えると言えます。

既卒者がインターンシップに参加する時の注意点

もし既卒としてインターンシップに参加する場合、正社員就職を目的とした場合には、その企業でインターンからの正社員登用が実例としてあるかどうかを確認しておきたいですね。

無い場合には、期待薄といって良いでしょう。

また、どういった業務内容となるかも事前にしっかり確認をした方が良いですね。

入ってみたものの、今後の就活に活かせそうな仕事内容では無かった。
朝から業務終了まで単純作業の繰り返し、単なるアルバイトに思った、といった事にならないようにしなければなりません。

それこそ、空白期間が長くなるだけ、といった結果に終わってしまいます。

貴重な時間を使い、インターンシップに参加するのですから少しでも今後の就活に活かせる経験となるかも重視したいですね。