既卒 厳しい就活でも内定を獲得する方法
就職エージェント 既卒おすすめランキング > 既卒 就職活動 > 既卒 厳しい就活でも内定を獲得する方法

既卒 厳しい就活でも内定を獲得する方法


既卒が内定をもらう方法

既卒 厳しい就活でも内定を獲得する方法

卒業時に就職先が決まらず、卒業後に改めて就職活動に取り組んでいる既卒の方も多いと思います。

既卒者の就職内定率は厳しいです。

新卒の内定率の高さ(今年の女子学生の内定率は厳し目ですが)をイメージしていると、書類選考も通らない、という事も多い就職活動に気持ちが折れてしまうかもしれません。

既卒から正社員就職を目指す場合、ブランク期間は短い方が内定獲得には有利です。

とはいえ、既にブランク期間が1年、2年と空いてしまっている方もいるでしょう。
時間を戻すことは出来ませんが、成功率の高い就職活動ををすることで十分に、内定獲得をすることは可能です。

厳しい就活になりがちな既卒の就職活動を成功させるためのポイントについて、掲載をしています。

既卒者の内定率

大手転職エージェント、マイナビによると2017年の既卒者の内定率は44%という調査結果となっています。

例年、新卒学生の内定率は90%後半まで伸びてきますので、新卒と既卒とでは内定率には倍近い差が開いています。

ちなみに、その前の既卒者の内定率も掲載されていますが、

・2016年度 45%
・2015年度 43.2%
・2014年度 30.7%
・2013年度 29%

となっています。

最近の内定率、44%でも低いと思えます。
しかし、それ以前はもっと既卒者の内定率は低かったんですね。

こうした就職の難しさがあり、過去には「既卒になったら仕事に就けない、就職は無理」と言われていた時期もありました。

今は違う状況と言えます。

それを考えると、人手不足による若手人材への採用ニーズは、確実に既卒者も含めフリーター、大学中退といった層へもきていると言えますね。

既卒からであっても就職はしやすい時期、状況と言って良いでしょう。
いつ景気が悪くなって既卒の内定率が以前のように下がるかは分かりません。

若手人材への採用ニーズが高い(求人が多い)、就職しやすい状況を逃さずに就活に取り組んでいきましょう。

既卒の就職活動には、既卒の就活に強い就職サイトを利用する方法がオススメです。

⇒ 既卒者向け就職エージェント おすすめランキング

既卒が就活で内定をもらうためのポイント

既卒者が内定を獲得するためには、幾つかのポイントを抑える必要があります。

いずれも言われると当たり前、というポイントです。
しかし、なかなか就職先が決まらない既卒の方の場合には、応募する求人が最初から既卒者には難しそうであったり、面接対策が不十分であったりするケースが多いです。

「本人的には大丈夫、と思っているだけ」

と言えます。

実は、ポイントをしっかり抑えていないために不採用の可能性を自分で高めているのかもしれません。

改めて、既卒者の就職活動で重要なポイントを確認してみる事も大切ではと思います。

既卒歓迎の正社員求人に応募する

数は少なくなりますが、「既卒歓迎」の正社員求人もあります。

こうした既卒歓迎の正社員求人に応募する事が大切となりますね。

既卒者をこれまでにも採用したことがある企業、既卒者のやる気を買っている企業なのかは分かりませんが、求職者の中でも「既卒」を歓迎する企業もあります。

「未経験者歓迎」

という求人であっても、フリーター、第二新卒の方を優先しており既卒者はあまり歓迎していない、というケースも。

既卒から正社員就職を目指す際には、既卒歓迎の求人をまず探す事が重要となります。

未経験者歓迎としか書かれていない場合、問い合わせをしてみる方法も有効です。
問い合わせをする事で採用担当者に覚えてもらいやすくする切っ掛けになる事もありますからね。

問い合わせすら有効活用する、という気持ちが、既卒からの正社員就職には大切とも言えるでしょう。

面接対策

既卒の面接では、新卒とは違う質問がされます。

こうした面接時の質問が厳しいと感じている既卒の方も多いかもしれません。
しかし、採用する事になる企業としては「聞いておかなければならない事」を聞いているだけなんですね。

なぜ、就職せずに既卒となったのか

卒業後、ブランク期間は何をしていたのか

なぜ、うちの会社の求人へ応募をしたのか

就職して、どんなことをしたいのか

など、もし逆の立場(採用担当者)であれば、面接に来た既卒者へ聞きたい質問ではないでしょうか。

ですから、こうした確実に面接で質問されそうな事柄に対しては、答えを準備しておく事が大切です。

面接対策の際には、ネガティブな質問をされると想定した方が良いでしょう。
その方は、対応に困らなくて済みます。

面接対策は厳しめの質問を想定して行う事をオススメします。

既卒である事を理解する

既卒の方の中には、大学を卒業して間も無い、期間が短い方も多いと思います。

しかし卒業後すぐであっても、やはり「新卒の就活」と「既卒の就活」は違います。

自分は既卒である、と言うことを理解して就職活動の準備をして求人へ応募、面接対策などをする事がとても重要です。

就職支援サイトを利用して支援・サポートを受ける

既卒歓迎の求人は少ないながらもあります。

厚生労働省からの通達により、

既卒3年以内であれば新卒扱い

として応募可能な企業が増えたためです。

大企業の多くも既卒者の応募可、としています。
しかし、実際に既卒からそうした上場企業、大企業へ就職する事は難しく、絞り込むのはリスクが高いと言えます。

既卒者が就職成功するためには「中小企業もしっかりと受ける」ことが、就職先を決めるために大切です。

未経験者歓迎の正社員求人はさらに沢山ありますので、そうした職歴なし・社会人未経験OKの求人を中心に既卒者は応募をしていく事になります。

しかし、一般的な求人サイトを利用しての就職活動の場合、他にも様々な求職者と内定獲得を競う事になります。

その際、既卒者は不利になることも多いため、なかなか書類選考が通らない、面接がどうしても突破出来ない・・・、といった事もあります。

そこで利用をオススメしているのが、既卒者も歓迎している企業からの正社員求人を多く扱っている就職支援サイトの活用です。

代表的な既卒向け就職サイトには、

DYM就職、就職shop、ハタラクティブ、ジェイック、ウズウズ既卒、いい就職.comなどがあります。

こうした既卒者の就職支援も得意とする就職支援サイトを上手く活用して、厳しい就活を乗り越えて内定ゲットしてください。

⇒ 既卒者向け就職エージェント おすすめランキング

利用は無料ですし、こうした既卒者向け就職支援サイトを利用するメリットも多いです。

既卒の就職活動をスムーズに進める上でとても役立つ就職サイトとして、オススメをしています。