既卒向け求人が多い就職エージェント
就職エージェント 既卒おすすめランキング > 既卒 就職活動 > 職歴なし既卒 就職のための求人さがし

職歴なし既卒 就職のための求人さがし


職歴なし既卒 就職のための求人サイト

職歴なし・社会人経験なし、既卒からの就職

職歴なし・社会人経験なし。
多くの既卒の方は、こうした状況から正社員就職を目指しているのではないでしょうか。

既卒だから就職できない、人生詰む

と言われたのは昔の話。

就職が簡単とは言いませんが、既卒であっても就職することは可能です。

既卒から正社員就職に成功するために重要なのは、求人をどう探すか、いかに準備をしておくか。
出来れば既卒向けの未経験者歓迎の求人を多く持つ、就職エージェントも活用される事をオススメします。

職歴なし既卒から、正社員就職するためにオススメの就職エージェント、そして就職成功のポイントについてご紹介をしています。

職歴なし既卒 就職のための求人サイト

既卒・フリーター向け就職エージェント
正社員求人といっても、色々な条件で求人サイトに掲載されています。

経験者優遇。即戦力となる経験者を歓迎する求人。

未経験者歓迎とはいっても、

・業界未経験
・職種未経験

である場合。

そして、職歴なし・社会人経験なしの既卒者が内定率の高い求人となるであろう、未経験OKの正社員求人です。

既卒やフリーターといった方は、本当に未経験者を歓迎している、積極的に中途採用を考えている企業からの求人を見つける必要があります。

そうした既卒向け求人を多く扱っているのが、

既卒者おすすめ就職エージェント

となります。

既卒で職歴なし、就職活動で成功する人のポイント

高校や大学を卒業するさい、何らかの事情で就職が決まらずに「既卒」となってしまった方が、これから就職活動をする場合、いくつかのポイントを抑える事で成功率の高い就職活動をする事が出来ます。

既卒の内定率は50%を下回る状況が続いています。

しっかりと就職活動の準備をして、就職に成功できる側の人になりましょう!

既卒・職歴なしの人が正社員就職を成功させるためのポイントについて、見ていきましょう。

既卒者の就職状況を理解する

今、売手市場と言われます。

ついこの前まで大学生だった、という方も多いと思うのですが就職活動の仕方を、

既卒者向けの就活

に切り替える事がまず重要です。

つい、新卒の就職活動のイメージで求人探しからスタートする方もいると思うのですが、新卒と既卒とでは別物の就活方法といえます。

そのため、既卒となってから就職活動を始めてみたものの、書類選考も全然通らずに気持ちが折れて就活をストップ。
正社員就職を諦めてフリーターやニート生活に突入してしまう・・・といった方もいます。

既卒の就職活動は新卒と比べて厳しいです。

中途採用枠を目指しての就職活動となります。
求人には、未経験者だけではなく経験者も応募していることがありますからね。

企業は即戦力を求め中途採用する事が多いですから、既卒者は不利になります。

既卒の就活は不利である事を理解し、しっかりと準備、情報収集をすることで内定率を上げる事が必要となります。

自己分析をしっかり行う

既卒の就職活動でまず重要となるのは、なぜ既卒になったかという理由、ブランク期間の説明、どんな仕事をして、どんなキャリア・生活をしていきたいかといったビジョンを考えることです。

これらは既卒の就活、面接でも質問される事が非常に多いです。

面接官に説得力のある答えをするためにも、しっかり自己分析を行う事が必要です。

自己分析をしっかり行う事で、自分の強み・弱み、向いている仕事、やりたい仕事、実現したい事、色々な事が分かってきます。

ミスマッチの就職をしてしまい早期離職につながる理由の多くは、自己分析が不足していたり情報収集が不足。
自分に合っていない仕事を選んでしまったり、ブラック企業へ就職してしまうためです。

自己分析の中で、苦手なこと、やりたく無い仕事についても考えておく事も重要ですね。

情報収集をしっかり行う

求人サイトを利用して情報収集
既卒の就活は厳しい、ということから「多く求人へ応募すれば、どこかから内定がもらえるのでは」と手当たり次第に未経験者歓迎の求人へ応募する方もいるかもしれません。

興味がある仕事だから、29歳でもOKの未経験者歓迎だから、面白そうな仕事だからなど、しっかりと業種・職種を調べずに応募をしても志望動機が弱く、書類選考で落ちたり、面接で不採用になる可能性が非常に高いです。

また、万が一内定が出て就職したとしても、「思った仕事と違う・・・」とすぐに辞めたいと考えてしまう原因にもなりかねません。

応募する業種・職種を絞り、企業研究をしっかり行い、アピールできる志望動機を作る事が大切です。

入社後のミスマッチを防ぐためにも、企業の業務内容、動向、業界内でのポジションなども分かる範囲で調べておく事をオススメします。

既卒の理由をポジティブに伝える

面接を受ける
企業が既卒者の採用選考をする際に気にするのは、

どうして新卒の時に就職しなかったのか

という既卒になった理由です。

病気により就職活動が出来なかった方もいると思います。
その場合、病気は治り今後の仕事には全く問題無い事も加えてアピールされると良いでしょう。

「なんとなく」

「やる気が出なくて」

といった答えはやはり避けた方が良いですね。

面接官の立場であれば、就職してからの方が何かと大変です。
学生の頃にやる気が無かったのであれば、社会人として困難に立ち向かうのは無理ではと考えてしまいます。

また、やりたい仕事がなく就職活動をしなかった方の場合には、アルバイトで様々な仕事を経験して就職について考えてみたかった、など少しでもポジティブな理由につなげるようにした方が良いでしょう。

ブランク期間は短めに!年齢が若い間に就職活動をする

既卒から正社員就職することは可能ですが、より成功率の高い就活をするためにはブランク期間(卒業してから期間)は短い方が有利です。

学校を卒業してから半年くらいまでは、ブランク期間を問われる事も少ないでしょう。

既卒4年、5年ともなれば、

一体そんなに長い間、卒業してから何をしていたのだろう?

と思うものです。

年齢も上がりますよね。

27歳は未経験者歓迎の求人が減る年齢でもあります。
応募出来る求人が減る事で、正社員就職できるチャンスも減るということを意味します。

合わせてブランク期間の説明が難しくなってしまいますから、それが原因で不採用になる事も考えられます。

正社員として就職する事を考えた場合には、ブランク期間は出来るだけ短く。
就職を考えたら早めに就活をスタートすることが大切と言えます。

明るくハキハキと、就職への意欲をアピールする

書類選考を通過し、面接に進む事ができれば印象が良くなるように、赤るくハキハキと意欲のある人材である事をアピールする事が大切です。

質問に対してハッキリと答えるためにも、事前の面接対策が重要ですね。

想定される質問に対しての答え。
一貫性のある受け答えが出来るように、志望動機を明確に、自己分析をしっかりとなど基本的な事を面接前には見直されると良いでしょう。

第一印象が面接官に与える影響も大きいですから、身だしなみなどを整えて面接に臨みましょう。

就職エージェントを活用する

ここまで既卒の就職活動で重要なポイントをみてきましたが、それでも既卒になった理由がネガティブで、自分では上手くポジティブに説明するのが難しかったり、求人を上手く探せない、応募したい仕事が見つけられない、といった方も多いと思います。

就職活動が久しぶりすぎて、何から始めたら良いか分からないといったブランク期間が長い既卒の方もいるかもしれません。

そうした場合、就職支援のプロである就職エージェントを活用をオススメします。

就職エージェントの利用は職歴なし、既卒歴が長くても大丈夫です。
20代の方でフルタイム、正社員として働くことを希望する方のサポートをしてくれます。

書類選考無しで面接、といった就職エージェントもあります。
遠方であっても就職希望エリアが都市部であればサポートOKの就職エージェントもあります。

既卒向け求人を多く保有する就職エージェントも増えましたから、状況に合わせて相談する事が可能です。

例えば、

⇒ 既卒者おすすめ就職エージェント

でご紹介しているような就職エージェントは、既卒の方も手厚くサポートしてくれます。

既卒から正社員就職を目指す際、自力での就職活動に自信が無い方、上手くいかない方はぜひ活用してみてはと思います。

既卒 職歴なし。20代のうちに就職するために

30代に突入し、フリーター・ニートとなってしまった場合、詰む可能性がとても高いといえます。

これについては実際、知り合いにも30代をフリーターで過ごし、40代でニート、途中から音信不通・・・といった方もいるので、本当にそう思います。

メディアでも30代でフリーター、いつしかアルバイトも見つからなくなり、日雇い労働者となり地方へ・・・といった情報は目にします。

責任の軽い生活は確かに気楽で居心地が良いかもしれません。

しかし、将来の事を考えると不安しかありません。

既卒になってどれくらいの期間となるかは、人それぞれと思います。

ただ、就職について考え始めたのであれば、出来るだけ早く就活のスタートを切られる事をオススメします。

その際には、成功率が高い就職活動の方法を選択されることも、合わせてオススメしたいと思います。